受験に必須な英会話はスクールでしっかり習おう

教材

書き取りも効果的です

イングリッシュ

自分に合った使い方も

スピードラーニングは、聞き流すだけで英語力がアップするという事で有名ですが、もちろん聞き流すだけではなくそれ以外の使い方も出来ます。例えば英語の音声をただ聞くだけではなく、続いて自分で発声してみる事によって、勉強の効果をアップする事が可能になります。移動中の電車の中など、周りに人がいる場合は発声する事は出来ませんので、そういう時はただ聞いているだけでも良いでしょう。ですが自宅などある程度の大きさの声を出せる場合は、積極的に発声するようにした方が発音も上手くなりますし、覚えも良くなります。またノートなどに、聞いた音声をどんどん書き取りをする事でも、スピードラーニングの勉強の効果をアップする事が出来ます。料理をしたり、洗濯などの家事をしている様な忙しい時は無理ですが、手が空いている時は書き取っていくようにしましょう。書き取りはスピードラーニングにだけに限らず、効果的な勉強法として知られていますのでおすすめする事が出来ます。ちなみにスピードラーニングは、1日に5分で良いということになっていますが、必ずしも5分にこだわる必要はありません。むしろ5分以上した方が効果的ですし、短期間で英語力を上げたいという人の場合は、5分以上やった方が良いでしょう。スピードラーニングはお手軽さがとても魅力の英語教材なのですが、使い方は自由でそれぞれの人に合わせて色々と工夫する事が出来ます。スピードラーニングの本来の正しい使い方に従って使う事も重要なのですが、あれこれと試してみるのも良いでしょう。